きらめき日記

アーチスト&セラピスト天翔の日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニューアル

HPをリニューアルしました
内容は、従来と同じものもあれば、新メニューもありま~す

しかし、プロバイダが変わったせいか、
HPの転送がトラブル続きで困っています。

特に写真の転送がうまくいきません。
今回はスライドショウのクリップも用意したのですが、
どうにも転送できず
やむなく今まで通り、写真転送のみにしました。

しかしこれすらも一部しか転送できません。
なので、お見苦しい箇所もあるかとは思いますが、
ご了承ください。

プロバイダを変えないとだめかなと思っています。
除々に整えていきたいと思います。

ヒーリングに関しては、新しいメニューを入れました。
セラピーとリーディング&チャネリングを組み合わせたセッションを
加えました

チャネリングに関しましては、私なりの考えがあります。

ヒーリングの世界で行われているチャネリングというのは、
高次の意識にアクセスして その情報を受け取っていくという手法です。

普通はチャネラーがその情報を受け取り 外部に伝えていきます。

私がチャネリングの勉強をしてみて思った事は、
まず 一体、チャネラーはどことつながっているのだろう?ということです。

本来 人は、すべての答を自分の中に持っている…
私のそのスタンスは チャネリングの勉強をした今でも同じです。
むしろ、チャネリングを行うようになった今の方が、
その考えは確信へと進化しています

チャネリングを学んで、私が最初にぶつかった疑問は
どこか高次の存在の意識とつながるということは、
自分以外の誰かが どこかに存在していることになり
これはワンネスの世界から考えると、
自分以外のものが存在しては説明がつかなくなってしまいます。

では高次の存在の意識って何だろう…どこにあるのだろう…と興味を抱き、
探究するのが大好きな私は チャネリングの勉強をしていきました。

そしてそれは…その高次の意識は…自分の中にありました

すべての人の中に色々な次元の自分が存在しています。
それは自分の知識で認識できるレベルのものから、深い悠久の叡智からのレベルまで無限に存在しています。

チャネラーはその深い叡智の部分の情報にアクセスしているだと私は思います。

無限に存在するそのチャネリングポイントは、誰にでもアクセスできるものであり、
仮にそのポイントに宇宙共通のナンバーでもついているとして、
それぞれが個々の中の同じナンバーにアクセスした場合は 
みな同じ情報を受け取るのだと 私は思います。

ではどうすればそこにアクセスできるか…

やはり自分の内に入っていくことです。
一般的には瞑想とか祈りとかは、内なる自分に入っていきやすい行為です。

同時に、自分の内…というのはなかなかイメージしづらいですので、
天使とかマリア様とか神様とか、自分がイメージしやすい光の存在たちに
焦点を合わせていっても、良いと思います。

ただし、自分以外の頼もしい高次の存在…という認識ではなく、
自分の内側に存在している…あるいは、自分の内側につながっている高次の存在…ということを忘れないでください。

そして自分がクリアーな状態であればあるほど、
より高い次元にアクセスできます。

要するにチャネラー自身が、カルマ的に未解決エネルギーをたくさん抱えている場合は、
限りなくエゴに近い次元とチャネリングしていくことになります。

となると、高い意識とつながっていくためには、
チャネラーやヒーラーが自分自身をクリアーにすることがとても大切かと思えます。

そして最も重要なことは、自分を信頼することです。
自分への信頼がない場合は、チャネリングにしてもセラピーにしても…
またあらゆるヒーリングにしても、有効な効果が見込めません。

しかしながら自分を信頼しきれていない人はとても多いのです。
セラピーは、自分への信頼を失ってしまっている人たちに
とても効果的な方法だと私は思っています。

セラピーはヒーラーがチャネリングしているのではなく、
クライアントさんにチャネリングをしてもらっています

クライアントが自分の中の答をチャネリングして受け取れるように
的確な質問をかけてサポートしていくのがセラピストです。

またセラピーのプロセスは、答やすい簡単な質問を繰り返すことで、
クライアントが自分を感じ、自分を信頼し始める方向へと導いていきます。

クライアントはセラピストの小さな質問に対して、自分はどう思っている?と感じ 答える度に、
セラピストはその答を肯定していきます。

数学の答を探しているのではなく、その時どう思ったのか…
今、何を感じているのか…自分の中の思いに耳を傾け 
それを言葉にしていくプロセスの中で、
セラピストは繰り返し繰り返し、クライアントの言葉を肯定していきます。

それはとっても根気のいるプロセスです。
でもそうやって、魂は失ってしまった自分への信頼を少しずつ取り戻していくのです。

セラピーの手法は、言ってみれば魂のリハビリみたいなものです。
自分への信頼を取り戻した魂は、本来のその魂の光で輝きだしますので、
あとは放っておいてもどんどんと その人らしいエネルギーの循環を開始します。

私は、今回 チャネリングやリーディングをセッション内に入れましたが、
どの手法も、全ての人が自分への信頼を取り戻し、
ワンネスへたち帰るための一つの方法である…と考えます。

これは、あくまでも私個人が感じるチャネリングに関する考えです。

私とご縁のある方が、共に自分への信頼を取り戻し、生粋の自分に目覚め
本当の自分の生命の光で輝くことを 心より願っております


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

クリック募金

プロフィール

天翔サウンド

Author:天翔サウンド
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。